倉庫業

■釧路西港区

飼料貯蔵施設

釧路港には年間130万トンの飼料原料が輸入・移入されています。 これらの貯蔵を担うのが当社のサイロ群です。
1号サイロ(貯蔵量約4万7千トン)2号サイロ(貯蔵量約8万8千トン)及び ベルトコンベアによる搬送設備や燻蒸施設を完備し、全農サイロ(株)のサイロ(貯蔵量10万7千トン)と 合わせ道内有数の規模に達しています。

施設概要

西港1号サイロ

  • 位置:釧路市西港1丁目100番地10
  • サイロ型式:全溶接鋼板製円筒形サイロ
  • 貯蔵物:メイズ、マイロ、大麦、ライ麦、エン麦、その他
  • 有効貯蔵量/基数
  • 1,040トン/28基
  • 500トン/35基
  • 総貯蔵量
  • 46,620トン
  • 写真:西港1号サイロ

西港2号サイロ

  • 位置:釧路市西港2丁目102番地8
  • サイロ型式:全溶接鋼板製円筒形サイロ
  • 貯蔵物
  • 主原料(メイズ、マイロ、大麦、ライ麦、エン麦、その他)
  • 副原料(デハイ、フスマペレット、ナタネペレット、大豆粕、グルテンフィード)
  • 有効貯蔵量/基数
  • 主原料サイロ
  • 1,404トン/27基
  • 1,267トン/10基
  • 副原料サイロ
  • 1,013トン/15基
  • 730トン/14基
  • 720トン/17基
  • 総貯蔵量
  • 88,200トン
  • 写真:西港2号サイロ

穀物船積センター

  • 位置:釧路市西港3丁目104番地1
  • サイロ型式:全溶接鋼板製円筒型サイロ
  • 貯蔵物:小麦
  • 有効貯蔵量/基数
  • 500トン/6基
  • 総貯蔵量
  • 3,000トン
  • 搬入能力:200トン/h、本船積込み能力:400トン/h

飼料副原料倉庫

後背地に一大酪農地が控えるだけに主原料に添加混入する副原料も多岐にわたっています。
そのために、6棟20倉からなる総貯蔵量約3万6千トンの副原料専用倉庫は年々増加する取扱量に対応しています。

施設概要

  • 位置:釧路市西港2丁目102番地3
  • 建物構造及び貯蔵能力
  • 鉄骨一部鉄筋コンクリート造
  • 3号、5~7号倉庫 4棟10倉2,400トン×10倉=24,000トン
  • 8号、10号倉庫 2棟10倉1,200トン×10倉=12,000トン

撒肥料貯蔵施設

道東の肥沃な土壌をさらに豊かなものにして、品質の良い農作物を生産するためには、肥料が不可欠です。
この肥料のための専用倉庫が、総貯蔵量2万6千トン、粉粒選別の篩(ふるい)設備や荷造設備、
さらには飛散公害防止施設も備えた近代的自動化倉庫の13号倉庫です。

施設概要

  • 位置:釧路市西港2丁目101番地4
  • 建物構造と面積
  • 建物棟/鉄骨造、角波カラー鉄板貼り、塩ビ鋼板葺き、2階建て
  • 倉庫棟/鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、角波カラー鉄板貼り、塩ビ鋼板葺き、平屋建て
  • 6倉 350㎡×6=2,100㎡
  • 6倉 262㎡×6=1,575㎡
  • ワーキングスペース 1,575㎡
  • 荷造包装スペース 800㎡
  • 貯蔵能力
  • 原料
  • 2,500トン×6倉=15,000トン
  • 1,800トン×6倉=10,800トン
  • 合計=25,800トン
  • 製品貯蔵タンク 70トン×6基=420トン
  • 粉タンク 40トン×2基=80トン
  • 写真:13号倉庫

一般定温倉庫

西港第3埠頭基部には、2,760㎡(278坪×3倉)の定温倉庫と2,760㎡(278坪×3倉)の一般倉庫を所有し、 農産物や一般雑貨を取り扱っています。

施設概要

  • 位置:釧路市西港3丁目103番7
  • 敷地面積:15,577.08㎡
  • 建物構造及び能力
  • 14号倉庫(定温倉庫)1棟3倉2,760㎡
  • 写真:14号倉庫
  • 鉄骨造、断熱鋼板パネル貼り
  • 室内温度+5℃(冬)~+15℃(夏)
  • 湿度40~70%RHに保持可能
  • 15号倉庫 鉄骨造、断熱仕様、1棟3倉2,760㎡
  • 写真:15号倉庫

一般倉庫

Mitsuwa Logistics Center A棟

第4埠頭基部には、建築面積4,081㎡の一般倉庫を所有し、
農産物を取り扱っています。

施設概要

  • 位置:釧路市星が浦南5丁目1番
  • 建物構造と面積
  • 建物棟/鉄骨造、角波鋼板張、長尺折版葺
  • A棟 3倉 3,330㎡
  • B棟 3倉 3,330㎡
  • 太陽光パネルをA棟の屋根に設置し、自家消費型太陽光発電を行い、
  • 電力会社の電気量を軽減しています。

■石狩新港物流センター

地の利を生かし大消費地をバックアップ

石狩湾新港では、国内貨物はもとより、対岸貿易に対応する国際貨物をもこなす物流の高度化が 着々と進められています。
三ッ輪運輸は、道央の拠点となる同港に物流センターを建設、すでにフル稼働中です。

  • 詳しいお問い合わせは
  • 三ッ輪運輸(株)石狩新港営業所
  • TEL:0133-73-6677

石狩新港定温冷蔵物流センター

施設概要

  • 位置/石狩市新港西2丁目760番
  • 敷地面積/33,000㎡

構造・面積

  • ■冷蔵倉庫
    • 鉄骨造、平屋建て、1棟10倉、6,098.00㎡
    • F級(-30℃) 1,500トン×5倉=7,500トン
    • F級(-30℃) 1,000トン×4倉=4,000トン
    • C-2級(-5℃) 100トン×1倉=100トン
    • 合計 10倉=11,600トン
  • ■電気室
    • 鉄骨造、平屋建て263.70㎡
  • ■事務所
    • 鉄骨造、平屋建て434.00㎡
  • ■車庫
    • 鉄骨造、平屋建て582.75㎡
  • ■温湿度管理システム(冷凍機、冷却機、空調機、除湿器)
  • ■総合警備システム、保冷車電源、防虫設備
  • 倉庫の温度管理は事務所に設置の監視盤で一括制御を行うため、品質管理が容易にできます。
  • ■定温倉庫
    • 鉄骨造、平屋建て、1棟6倉、4,080.00㎡
    • 庫内温度5℃(冬)~15℃(夏)、湿度40%~70%RHの任意の温湿度管理が可能です。

石狩定温2号倉庫・石狩3号倉庫及びトラックターミナル

施設概要

  • 位置/石狩市新港西2丁目746番1
  • 敷地面積/20,828.00㎡

構造・面積

  • ■定温倉庫
    • 鉄骨造、平屋建て、1棟3倉、2,640.00㎡
  • ■一般倉庫
    • 鉄骨造、平屋建て、1棟3倉、2,646.00㎡
  • ■トラックターミナル
    • 4,800㎡、大型トレーラー70台駐車可能
  • ■事務所
    • 鉄骨造、平屋建て97.65㎡
  • ■車庫
    • 鉄骨造、平屋建て356.75㎡
  • ■洗車場
    • 80.00㎡
  • ■温湿度管理システム(空調機)、総合警備システム、保冷車電源、防虫設備

石狩定温5号倉庫

施設概要

  • 位置/小樽市銭函5丁目69番地1・2
  • 敷地面積/28,839.49㎡

構造・面積

  • ■定温倉庫
    • 鉄骨造、平屋建て、1棟4倉、3,290.00㎡
  • ■機械棟
    • 鉄骨造、平屋建て、1棟、109.33㎡
  • ■温湿度管理システム(通年、庫内温度+10℃、湿度75%RHに保持可能)、防虫設備

石狩定温6号倉庫

施設概要

  • 位置/小樽市銭函5丁目69番地1・2
  • 敷地面積/28,893.49㎡

構造・面積

  • ■定温倉庫
    • 鉄骨造、平屋建て、1棟4倉、3,300.00㎡
    • 断熱カラー鋼板パネル
    • 断熱長尺折板葺き(二重)
    • 夏:温度+15℃、湿度75%RHに保持可能
    • 冬:温度+5℃、湿度75%RHに保持可能
    • 庫内に低温用空調パッケージ、加湿器・撹拌機・エアカーテン、電撃殺虫灯
  • ■倉庫容積
    • 6-1の倉 5,589.73m3、6-2の倉 5,608.40m3
    • 6-3の倉 5,611.75m3、6-4の倉 5,611.17m3
    • 容積計 22,421.05m3
  • ■機械棟(ボイラー室)
    • 鉄骨造、平屋建て19.20㎡
  • ■移動ラック/各倉に電動式移動ラック設置
  • ■低温パッケージ能力
    • 45,500kcal/h(冷房能力・デュアル式)
    • 30,000kcal/h(暖房能力)
  • ■温水ボイラー/13,000kcal/h
  • ■加湿器/8.0kg/h(1倉4台設置))

■恵庭定温庫

海・陸・空、3本の道を一元化する拠点機能

苫小牧―札幌―千歳間を一元コントロールして、輸送・保管の両機能を発揮する恵庭定温倉庫。
石狩にならぶ道央圏の拠点として物流基地の役割を担っています。

  • 詳しいお問い合わせは
  • 三ッ輪運輸(株)恵庭営業所
  • TEL:0123-33-3911

施設概要

  • 位置/恵庭市戸磯573番23
  • (戸磯恵南工業団地)
  • 敷地面積/14,450.00㎡
  • 恵庭営業所

構造・面積

  • ■倉庫
    • 鉄骨造、平屋建て、2棟11倉
    • 1号倉庫1棟4倉 2,910.00㎡
    • 2号倉庫1棟7倉 4,815.00㎡
    • 合計 7,725.00㎡
  • ■事務所
    • 鉄骨造、2階建て187.92㎡
  • ■車庫
    • 鉄骨造、平屋建て120.00㎡
  • ■温湿度管理システム(冷却機、空調機、除湿器)防虫設備、総合警備システム

設備能力

  • 保温倉庫/1-A、1-D、2-D、2-E
  • 定温倉庫/1-B、1-C、2-A、2-B、2-C
  • 倉内に低温用空冷パッケージ、加湿器、別棟に温水ボイラーを設置し、温度5℃(冬)~15℃(夏)
    湿度40%~70%RHが保持可能です。

■十勝物流センター

多彩な輸送チャンネルで旬便を全国へ

広大な畑作・酪農地帯を抱える十勝は農産物の宝庫であると同時に道東内陸部における 流通の中心地でもあります。
三ッ輪運輸は優れた近代施設と海・陸・空の多彩な輸送チャンネルでニーズにおこたえします。

  • 詳しいお問い合わせは
  • 三ッ輪運輸(株)帯広支店
  • TEL:0155-62-6000

施設概要

  • 位置/河西郡芽室町芽室基線13番57
  • 敷地面積/20,498.90㎡
  • 倉庫面積/8,487.00㎡
  • 事務所床面積/543.00㎡、車庫/252.00㎡
  • 帯広支店

構造・面積

  • ■倉庫
    • 上級定温倉庫3倉 1,886.00㎡、一般定温倉庫5倉 4,715.00㎡、保温倉庫2倉 1,886.00㎡
    • 合計10倉 8,487.00㎡
  • ■温湿度管理システム(冷却器、空調機、除湿器)、自家用給油所10kl3基、洗車場135㎡
  • 総合警備システム、防虫設備、保冷車電源

設備能力

  • ■上級定温倉庫/1号倉庫、2号倉庫、6号倉庫
  • 倉内は一年中温度+5℃~+10℃、湿度40%~70%RHの任意の温湿度管理が可能です。
  • 倉庫スペース
    • 1・2号倉庫 20.5m×23.0m×高さ7.4m=3,489m3
    • 6号倉庫 20.5m×46.0m×高さ7.5m=7,073m3
  • ■一般定温倉庫/3号倉庫、4号倉庫、5号倉庫、7号倉庫
  • 倉内は+5℃(冬)~+15℃(夏)、湿度40%~70%RHの管理が可能です。
  • 倉庫スペース
    • 各々 20.5m×46.0m×高さ8.0m=7,544m3